Curren


+++ カレンは3本足です。でも、と〜っても明るく元気な女の子です!+++

 
2000年10月、切断手術から1年経ちました。今日もカレンは絶好調!!

  1999年10月2日、カレンの右前足に小さなしこりを発見しました。病院で診断を受けたところ、そのしこりは肥満細胞種という悪性の腫瘍でした。 (転移しやすい腫瘍なので、もう体に転移している可能性もあるそうです。) 治療は、局所だけを取り除くものと、足をほぼ付け根から切断するものの2つがありましたが、右前足切断を決断しました。次の日、カレンの足は3本になりました・・・。

初めのうちは足があるつもりで歩こうとして危なげでしたが、だんだんと少しずつですが上手く動き回れるようになりました。半年間転移がみられなかったら、大丈夫だろうという事です。転移していないことを願っています。

2000年4月、手術から半年経ちました。転移は見られず獣医さんももう大丈夫だろうと言ってくれました。とても長い半年間でしたが、これでとりあえずひと安心です。

カレンは今では、体重を支える左足が少し曲がってしまったものの、とても器用に動き、全くハンデを感じさせません。以前やっていた60cmサークル越えも、なんと左足と顎を使って元通りできるように・・・。(これは困った。)

カレンは癌の脅威から逃れることが出来ました。足は1本失ったものの、カレンは何も変わりません。切断という選択は、間違っていなかったと思います。でも、もう少し発見が遅れていたら、今ごろカレンは悪性の腫瘍と戦っていたかもしれません。これからも油断することなく、早期発見/治療に努めたいと思います。カレンを励まし、応援して下さった方々、そしてお世話になった獣医さんに深く感謝致します。


退院直後、まだ右前足があるつもりなので、なぜ上手く歩けないのか解らないようでした。

手術後2週間位、腫れや痛みも無くなりました。上手く動くコツをつかんできたようです。


2000年1月、転移も見られずとても元気です!


2000年2月、子宮蓄膿症の為再び手術・・・。


2000年4月、左足が少し曲がりましたが問題ないようです。






SEO [PR]  再就職支援 わけあり商品 黒豆 無料レンタルサーバー